沿革

  • 1971年(昭和46年)

    4月

    鉄道車両興業株式会社(昭和30年3月創業)が西部鉄道機工株式会社(昭和23年5月創業)を昭和46年4月吸収合併し、同年7月、社名変更により西日本交通機械株式会社となる。

  • 1984年(昭和59年)

    1月

    鹿児島興産㈱を鹿児島市に設立

  • 1990年(平成2年)

    2月

    増資により資本金14,710.6万円となる

    4月

    商号を㈱ケイ・エス・ケイに改称

  • 1993年(平成5年)

    3月

    福岡営業所長崎駐在開設

  • 1997年(平成9年)

    4月

    営業所を支社・支店へ名称変更

  • 1998年(平成10年)

    11月

    CGS事業部発足

  • 2007年(平成19年)

    1月

    ICカード事業本部発足

  • 2008年(平成20年)

    8月

    新幹線熊本工事事務所開設

  • 2011年(平成23年)

    3月

    子会社 鹿児島興産㈱解散

    新幹線熊本工事事務所廃止

    熊本支店に保線課発足

    4月

    車両事業部車両設計部にJR設計課発足

    小倉事業所を小倉車両事業所に改称

  • 2013年(平成25年)

    4月

    車両事業部移転

  • 2016年(平成28年)

    4月

    長崎駐在を長崎支店に昇格

  • 2018年(平成30年)

    7月

    ㈱ケイ・エス・ケイとJR九州メンテナンス㈱の間で吸収分割を実施 社名変更によりJR九州エンジニアリング㈱となる

    11月

    本社を博多区冷泉町4番17号「博多祇園NKビル」に移転

    12月

    熊本機械事業所新社屋移転

  • 1975年(昭和50年)

    4月

    福岡営業所及び福岡工場を大野城市に開設

    5月

    増資により資本金3,605万円となる

  • 1978年(昭和53年)

    4月

    福岡支店を福岡市博多区に開設

  • 1982年(昭和57年)

    2月

    ㈱セイコウを北九州市小倉北区に設立

    11月

    増資により資本金7,210万円となる

  • 1989年(平成元年)

    2月

    中国地区の営業廃止、関西交通機械㈱へ移管

    3月

    九州旅客鉄道㈱が筆頭株主となる

    10月

    本社及び北九州事業所新築落成

  • 1991年(平成3年)

    4月

    古賀事業所を古賀市に開設

    11月

    美々津営業所廃止

  • 1996年(平成8年)

    7月

    鹿児島営業所宮崎駐在開設

    10月

    ㈱セイコウを㈱ケイ・テックに商号改称

    11月

    セミコン事業部発足

  • 2001年(平成13年)

    4月

    CGS事業部をESCO事業部に改称

    9月

    新幹線準備室発足

    本社を福岡市へ移転

  • 2004年(平成16年)

    11月

    橋本事業所開設

  • 2005年(平成17年)

    4月

    支社・支店を事業所・支店へ名称変更

    ESCO事業部を事業開発部に改称

  • 2010年(平成22年)

    4月

    ICカード事業本部を機械事業部統合

    福岡事業所を福岡市へ移転

    6月

    新幹線準備室を新幹線部に改称

    12月

    新幹線熊本車両事業所を開設

  • 2012年(平成24年)

    3月

    機械事業部に新幹線工事室を発足

    4月

    白山工事事務所開設(石川県)

  • 2015年(平成27年)

    3月

    株主が九州旅客鉄道株式会社 一社となる

    減資により資本金1億円となる

    白山工事事務所閉設(石川県)

  • 2017年(平成29年)

    9月

    沖縄駐在 開設

  • 2019年(平成31年)

    3月

    セミコン事業からの撤退

    長崎機械事業所新社屋移転

  • 2020年(令和2年)

    8月

    モノづくりプロジェクト発足

    11月

    車両事業本部技術管理部に検修技術強化プロジェクトを新設

  • 1971年(昭和46年)

    4月

    鉄道車両興業株式会社(昭和30年3月創業)が西部鉄道機工株式会社(昭和23年5月創業)を昭和46年4月吸収合併し、同年7月、社名変更により西日本交通機械株式会社となる。

  • 1975年(昭和50年)

    4月

    福岡営業所及び福岡工場を大野城市に開設

    5月

    増資により資本金3,605万円となる

  • 1978年(昭和53年)

    4月

    福岡支店を福岡市博多区に開設

  • 1982年(昭和57年)

    2月

    ㈱セイコウを北九州市小倉北区に設立

    11月

    増資により資本金7,210万円となる

  • 1984年(昭和59年)

    1月

    鹿児島興産㈱を鹿児島市に設立

  • 1989年(平成元年)

    2月

    中国地区の営業廃止、関西交通機械㈱へ移管

    3月

    九州旅客鉄道㈱が筆頭株主となる

    10月

    本社及び北九州事業所新築落成

  • 1990年(平成2年)

    2月

    増資により資本金14,710.6万円となる

    4月

    商号を㈱ケイ・エス・ケイに改称

  • 1991年(平成3年)

    4月

    古賀事業所を古賀市に開設

    11月

    美々津営業所廃止

  • 1993年(平成5年)

    3月

    福岡営業所長崎駐在開設

  • 1996年(平成8年)

    7月

    鹿児島営業所宮崎駐在開設

    10月

    ㈱セイコウを㈱ケイ・テックに商号改称

    11月

    セミコン事業部発足

  • 1997年(平成9年)

    4月

    営業所を支社・支店へ名称変更

  • 1998年(平成10年)

    11月

    CGS事業部発足

  • 2001年(平成13年)

    4月

    CGS事業部をESCO事業部に改称

    9月

    新幹線準備室発足

    本社を福岡市へ移転

  • 2004年(平成16年)

    11月

    橋本事業所開設

  • 2005年(平成17年)

    4月

    支社・支店を事業所・支店へ名称変更

    ESCO事業部を事業開発部に改称

  • 2007年(平成19年)

    1月

    ICカード事業本部発足

  • 2008年(平成20年)

    8月

    新幹線熊本工事事務所開設

  • 2010年(平成22年)

    4月

    ICカード事業本部を機械事業部統合

    福岡事業所を福岡市へ移転

    6月

    新幹線準備室を新幹線部に改称

    12月

    新幹線熊本車両事業所を開設

  • 2011年(平成23年)

    3月

    子会社 鹿児島興産㈱解散

    新幹線熊本工事事務所廃止

    熊本支店に保線課発足

    4月

    車両事業部車両設計部にJR設計課発足

    小倉事業所を小倉車両事業所に改称

  • 2012年(平成24年)

    3月

    機械事業部に新幹線工事室を発足

    4月

    白山工事事務所開設(石川県)

  • 2013年(平成25年)

    4月

    車両事業部移転

  • 2015年(平成27年)

    3月

    株主が九州旅客鉄道株式会社 一社となる

    減資により資本金1億円となる

    白山工事事務所閉設(石川県)

  • 2016年(平成28年)

    4月

    長崎駐在を長崎支店に昇格

  • 2017年(平成29年)

    9月

    沖縄駐在 開設

  • 2018年(平成30年)

    7月

    ㈱ケイ・エス・ケイとJR九州メンテナンス㈱の間で吸収分割を実施 社名変更によりJR九州エンジニアリング㈱となる

    11月

    本社を博多区冷泉町4番17号「博多祇園NKビル」に移転

    12月

    熊本機械事業所新社屋移転

  • 2019年(平成31年)

    3月

    セミコン事業からの撤退

    3月

    長崎機械事業所新社屋移転

  • 2020年(令和2年)

    8月

    モノづくりプロジェクト発足

    11月

    車両事業本部技術管理部に検修技術強化プロジェクトを新設